Clause 宿泊約款・利用規定

第1条(適用範囲)

  1. 当施設が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
  2. 当施設が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約は優先するものとします。

第2条(宿泊契約のお申し込み)

  1. 当施設に宿泊予約のお申し込みをなさる方は、次の事項を当施設までお申し出いただきます。
    1. 宿泊者名・利用人数とグループ又は団体名
    2. 宿泊日及び到着予定時刻
    3. 宿泊料金(原則として別表第1の宿泊料金等の内訳による)
    4. その他当施設が必要と認める事項
  2. 宿泊客が、宿泊中に前項第2号の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合、当施設は、その申し出がなされた時点で新たな宿泊予約の申し込みがあったものとして処理します

第3条(宿泊契約の成立等)

  1. 宿泊契約は、当施設が前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。ただし、当別荘が承諾を証明したときは、この限りではありません。
  2. 前項の規定により宿泊契約が成立したときは、宿泊料金を当施設が指定する日までに、お支払いいただきます。
  3. 第2項の宿泊料金を同項の規定により当施設が指定した日までにお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとします。 ただし、申込金の支払期日を指定するに当たり、当施設がその旨を宿泊客に告知した場合に限ります。

第4条(宿泊契約締結の拒否)

  1. 当施設は、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。
    1. 宿泊のお申し込みが、この約款に反するとき。
    2. 満室により施設の余裕がないとき。
    3. 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
    4. 宿泊しようとする者に次の事由に該当するものがいるとき。
      • 「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)による指定暴力団及び指定暴力団員等又はその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という。)
      • 暴力団等が事業活動を支配する法人その他の団体又はその構成員
      • 暴力団等に該当するものが役員となっている法人又はその構成員
  2. 宿泊しようとする者が、伝染病であると明らかに認められるとき。
  3. 宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  4. 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。

第5条(宿泊客の契約解除権)

  1. 宿泊客は、当施設に申し出て、宿泊契約を解除することができます。
  2. 当施設は、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除した場合は別表第2に掲げるところにより、取消料を申し受けます。
  3. 当施設は、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の午後5時(あらかじめ到着予定時刻が明示されている場合は、その時刻を2時間経過した時刻)になっても当施設に到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することができます。

第6条(当施設の契約解除権)

  1. 当施設は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。
    1. 宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反するおそれがあると認められるとき。又は同行為をしたと認められるとき。
    2. 宿泊約款及びこれに関連する契約の申込みをなさる方又は当施設を利用される方に次の事由に該当するものがいるとき。
      1. 暴力団等
      2. 暴力団等が事業活動を支配する法人その他の団体又はその構成員
      3. 暴力団等に該当するものが役員となっている法人又はその構成員
    3. 宿泊客が伝染病者であると明らかに認められるとき。
    4. 宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
    5. 天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができないとき。
    6. 決められた場所以外での喫煙、消防用設備等に対するいたずら、その他当施設が定める利用規則の禁止事項(火災予防上必要なものに限る)に従わないとき。

第7条(宿泊の登録)

  1. 宿泊客には、宿泊日当日、当施設チェックイン受付において、次の事項を登録していただきます。
    1. 宿泊客の氏名、生年月日、性別、住所及び職業
    2. 外国人にあっては、国籍、旅券番号、パスポートの呈示及びコピー
    3. その他当施設が必要と認める事項

第8条(客室の使用時間)

  1. 宿泊客が当施設の客室を使用できる時間は、午後3時から翌日10時までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。なお、客室を使用できる午後3時以降においても、客室の整備等により、やむを得ずお待ちいただくことがあります。

第9条(利用規則の遵守)

  1. 宿泊客は当施設内においては、「宿泊約款」に定める「利用規則」に従っていただきます。

第10条(料金の支払)

  1. 宿泊客が支払うべき宿泊料金等の内訳は、別表第1に掲げるところによります。
  2. 前項の宿泊料金等の支払いは、ご宿泊3日前(土日祝除く平日)までに当施設の指定口座入金を願います。
  3. 当施設が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。
  4. 当施設を滞在中に追加発生した利用料金は、別途処理とし当施設の指定口座への追加入金を願います。
  5. 事前振込決済を基本としております。よって施設内での宿泊代金等の現金の取り扱いは行っておりません。

第11条(当施設の責任)

  1. 当施設は、宿泊契約及びこれに関する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えた時は、その損害を賠償します。ただし、それが当施設の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
  2. 当施設にお客様が携帯された物品を紛失された場合、当施設に故意又は重大な過失がない限り責任を負いません。

第12条(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管)

  1. お客様の手荷物が、宿泊に先立って当施設に到着する場合は、ご予約時に事前申告され、これを施設が了解したときに限り、保管するものといたし ます。
  2. お客様がチェックアウトした後、お客様の手荷物又は携帯品が当施設に置き忘れられていた場合、当施設は、原則として発見日を含めて7日間保管し、その間にお客様から返還の申出がなされなかった場合には、破棄するものとします。 但し、貴重品については、直ちに最寄りの警察署へ届けるものとします。 また、飲食物及び雑誌並びにその他の廃棄物に類するものについては、チェックアウトの翌日までにご連絡がない場合には、当施設にて任意に処分させていただきます。
  3. 当施設は、置き忘れられた手荷物又は携帯品について、内容物の性質に従い適切な処理を行うため、その中身を任意に点検し、必要に応じ、遺失者への返還又は前項に従った処理を行うことができるものとし、宿泊者がこれに異議を述べることはできないものとします。

第13条(駐車の責任)

  1. 宿泊客が当施設の駐車場をご利用になる場合、当施設は場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。ただし、駐車場の管理にあたり、当施設の故意又は過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに応じます。

第14条(宿泊客の責任)

  1. 宿泊客の故意又は重大な過失により当施設が損害を被ったときは、当該宿泊客は当施設に対し、その損害を賠償していただきます。また、宿泊客が複数の場合で損害者が特定できない場合は、宿泊契約者に賠償していただきます。

第15条(客室の清掃とペット保管について)

  1. 当施設は、一棟貸切/施設となっておりますので、ご滞在中の客室の清掃並びにシーツ交換は行いません。なお、事前(1日前)にご申告された場合、別途料金にてご対応させて頂きます。また3泊以上の連泊をされる場合は3泊目に施設点検と客室の清掃並びにシーツ交換を無料で行います。
  2. 当施設客室内でのペットの保管は、ご遠慮願います。(介助犬は可)

別表第1 宿泊料金等の内訳(第2条第1項及び第10条第1項関係)

宿泊客が支払うべき総額

  1. 利用・宿泊料金(日帰り・宿泊料金)
  2. 追加料金(ケータリング等事前予約利用料金)
  3. 税金(消費税等)

※備考:税法が改正された場合はその改正されたきていによるものとすます。

別表第2 取消料(第5条第2項関係)

宿泊・日帰り料金(利用予約料金)

不泊・当日・前日キャンセル時 100%
2日から7日前まで 50%
8日から14日前まで 30%
15日から1か月前まで 10%

※%は利用予約料金に対する取消料の比率を示します。

※契約日数が短縮した場合は、キャンセルされた日数の第1日目に上記比率に準じて取消料がかかります。

※ご予約者への請求を行い当施設指定口座までご入金願います。

利用規則

当施設は、お客様に安全・快適なご利用をいただくためと、貸切施設の持つ公共性を保持するため、宿泊約款と一体となる下記の規則を定めております。この規則に違反したときは、宿泊約款第6条の規定により、宿泊契約を解除することがあります。

ご利用形態について

  1. 当施設は旅館ではございません。
    宿泊研修施設となりますので基本的にはセルフサービスとなっております。
    研修の一環としてお考えいただき、以下の項目に対し皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
    1. 使用された施設備品の整理、整頓
    2. 使用された備品の返却及び洗浄
    3. 客室の布団の上げ下げやベットメイキング
    4. ご滞在中のリネン交換
    5. 食事の配膳など
  2. 貴重品はお客様責任で保管願います。当施設での紛失・盗難の責任については、第11条2項に従います。
  3. 定員(大人最大50名)より多い場合のご宿泊はできません。(ご利用人数に未就学児は含まれません)ご予約いただいた人数以上のご宿泊は固くお断わりいたします。
  4. スタッフ不在時のお困りごとなどのお問い合わせは、担当スタッフの管理人室まで願います。
  5. 施設内でのお食事やお飲み物はご予約以外でのご用意は致しておりませんが、ご宿泊者が食材・調味料・お飲み物等をご持参されて調理・ご飲食されることは可能です。その場合、施設内にある食器類や家電製品は清掃後元の場所にお戻しください。

規制事項について

  1. 施設設備や電化製品・家具・物品等を、故意にあるいは誤って壊したり汚したりした場合は、復旧にかかる料金を全額ご契約者様に負担していただきます。
  2. 当施設の設備・備品等は、ご宿泊期間中に限りご利用者様に貸与するものであり、お持ち帰りいただくことはできません。
  3. 下記物品などの持ち込みを禁止いたします。
    1. 火薬、爆薬、ガソリン、灯油、薬品、毒性ガス、揮発油等等の危険物
    2. 腐敗物、不潔物、その他湿気、悪臭、異臭、臭気等を発する物
    3. 動物ペット類全般(宿泊約款第15条2に準ずる)
    4. 著しく大量な物品
    5. その他法令で所持を禁じられている物 等

ご利用ついて

  1. 未成年者のみのご利用はできません。
  2. 風紀、治安を乱すような行為、高声、大声での会話、夏期の打ち上げ花火等、近隣に迷惑を及ぼす行為はおやめください。
  3. 施設管理者の許可無く、営業行為(展示会・その他)等、ご宿泊・日帰り以外の目的での利用はおやめ下さい。
  4. 隣接する一般人に著しい迷惑を及ぼす言動・行動はおやめ下さい。
  5. 反社会的なご利用を禁止いたします。
  6. 施設にて大声を出すなど近隣に迷惑行為があった場合、近隣の住人から警察に通報される場合がありますが、その場合は法的にすべて施設利用者様が責任を追うことになります。
  7. 天災、または別荘利用者様の不注意で引き起こしたすべての事故、本規約に従わないために起こった事故に関し、一切の責任を負いません。
  8. 管理者及び施設オーナーは、施設利用者様の車両やご持参の品物の破損、盗難、事故に関しまして、一切の責任をおいません。
  9. 管理スタッフが管理等のため順次巡回します。
  10. 著しく内装・外観を変更・装飾するのはおやめください。
  11. 別途定める施設利用時間帯(カラオケ・プール・テニスコート等)を遵守願います。

保安上お守りいただきたい事項

  1. ご滞在中、施設から出られるときは管理人(080-4458-1556)までご一報ください。
  2. 施設に滞在中や特に就寝の時には防犯にご協力ください。
  3. ご来訪客と施設内でのご面会はご遠慮ください。

約款・規約の内容につきましては予告なしに変更する場合があります